日付検索:月、日を選択してGO!ボタンを押してください。

テベスは2月5日生まれ

2月5日生まれ カルロス・テベス

2月5日生まれ カルロス・テベス

スポンサーリンク
レクタングル大

カルロス・テベス選手の基礎データ

名前 カルロス・テベス Carlos Alberto Tévez
生年月日|年齢 1984年2月5日 33歳
国籍 アルゼンチン 代表歴あり
ポジション FW
身長・体重 173cm・75kg
所属クラブ 2001-2004 ボカ・ジュニアーズ
2004-2006 コリンチャンス
2006-2009 ウェストハム
2007-2009 (ローン)マンチェスター・ユナイテッド
2009-2013 マンチェスター・シティ
2013-2015 ユベントス
2015- ボカ・ジュニアーズ

カルロス・テベス選手のプレースタイル

貪欲にゴールを狙い続ける、小さい割にフィジカルの優れたストライカー。

運動量が豊富で常に相手ディフェンスの隙を突くようなポジショニングを行う。また非常に瞬発力に優れており、相手ディフェンスの一歩、半歩先を行くことができる。そのためワンタッチ、ツータッチでのゴールが多い。

ディフェンス時はその運動量がさらに活かされる。相手GK、DFのパス回しを執拗に追い回しボール奪取することも多い。

闘争心あふれるプレーも持ち味。競り合いに強く、フィフティフィフティのボールにはしっかりと体を入れてボールをキープできる。ディフェンス時にはやや荒っぽいタックルをすることもある。

シュート力もあり、ディフェンスの影から、また股を抜くようなミドルシュートも多い。フィジカルが強いため難しい体勢からでもきちんとシュートすることができる。

ドリブルが秀逸。特別なボールタッチは無いものの、スプリントのようなスピードのまま正確なタッチでボールを運ぶ。相手ディフェンスに手をかけられても強靭なフィジカルから生み出される推進力で相手ゴールへ向かう。

常に全力でプレーをするため、所属先のクラブでは必ずサポーターに愛される選手である。

カルロス・テベス選手のエピソード

生まれ故郷はブエノスアイレスでも最貧地区のフエルテ・アパチェ。実父はギャングに射殺され、母親はドラッグ中毒、兄は銀行を襲撃したことがあるという壮絶な家庭で育った。また2014年7月には養父が誘拐された。この時はテベスが身代金を払い、無事に開放された。

テベスを重用しなかったマンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督が「自分が生きている間にシティに負けることはない」と発言をしていたことに対して、2011/12シーズンのプレミアリーグ優勝パレードでテベスは「RIP Fergie(安らかに眠れ、ファーガソン)」と書いたプレートを掲げた。

練習後のファンサービスでは最後まで居残ってサインし続ける。これは自身が元アルゼンチン代表のリケルメに同様の対応を受けたことによる、と発言している。リケルメとはその後クラブ、代表チームで親友となった。

非常に家族思いである。テベスのSNSは家族に関するアップが多い。

ボカ・ジュニアーズ優勝で家族とパチリのテベス

ボカ・ジュニアーズ優勝で家族とパチリのテベス

カルロス・テベス選手の動画

カルロス・テベス選手のfacebook

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 香川県ルー餃子のフジフーヅはバイトにパワハラの末指切断の重傷を負わせた犯罪企業

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です